ODYSSEY望遠鏡用Smart Solar Filterの予約受付を開始しました!(アメリカとEUのみ)

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

コリメーション 望遠鏡のコリメート方法は?

フォローする

ミラーの傾き調整は、当社のプロトタイプで極めて高いロバスト性が証明されています。それでも、eVscopeを長時間運搬した場合などは、その度にミラーの配置を確認する必要がある場合があります。

この手順には、次のものが必要です。

1) 工具箱にある最小の六角レンチ(S2 3mm)、

2) 明るい星が見える澄んだ空。

  • 提案された星の一覧から見えるものを選択し、eVscopeを明るい星に向けます。
  • 設定で、ゲインと露出時間を「自動」に設定します。
  • アプリ内のジョイスティックを使用してターゲットを中央に配置します。
  • ピント合わせリングがeVscopeの一番下にある状態で、ピント合わせリングを時計
    回りにいっぱいまで回して開始します。すると、
    このような表示になります。

暗い十字が中央にない場合(上の左側の画像のように)、ミラーを再調整する必要があります。

  • 工具箱にある最小の六角レンチ(S2 3mm) を取り出します。
  • まず、ジョイスティックで望遠鏡を動かして、星を下の表に示す方向の端に配置します。

次に、ミラーマウントの縦または横のねじを回して、星を中央に戻します。例えば、十字が高すぎる場合:

  • 十字が中央に見えるまで手順を繰り返します。数回行う必要がある場合があります。
  • 一番上のねじで光軸を合わせてピントをデフォルトの位置に戻してから、リングを回して調節します。
  • その後、明るい星に向けてからピントを合わせます
  • お楽しみください。画像が良くなるはずです!

さらに、反時計回りにピントを外して、違いがあるかどうかを確認することで、同じプロセスを試すこともできます。

また、このテーマの動画もありますので、こちらをご覧ください。

ヒント: それでもミラーの傾き調整が完全でない場合は、ピント合わせリングを時計回りに動かして十字を評価し、画面または接眼レンズを見ながら「ライブ」でミラーの傾き調整をすることができます。露出を上げて許容できる安定性を得てから、ゲインを下げて十字の影をはっきりさせます。満足できるまで前後させます。

この記事は役に立ちましたか?
131人中118人がこの記事が役に立ったと言っています