ユニステラ社ヘルプ・お問い合わせ

都市部での使用は可能か、ユニステラの望遠鏡は光害にどの程度敏感か。

フォローする

Unistellarアプリケーションのバージョン2.4以降、ノイズや光害をフィルタリングするDeep Dark Technologyを統合しました。この望遠鏡に搭載された技術により、天体からの光信号をマスクする街の明かりによる障害を自動的に除去します。

当社のデモのほとんどは、非常に光害の多い地域で行われていますが(初心者向け動画の始めに紹介されているデモを含む)、その仕上がりは多くの人を驚かせました。

もちろん、光害が大きければ画質は最善とは言えません。それは光害のしきい値を下回る淡い天体が消えてしまう傾向にあるためです。それでも、多くの明るい星雲や銀河などは色やディテールを見ることができます。

一般的に、亜鈴状星雲、リング星雲、子持ち銀河などの天体を楽しむのであれば、街灯から離れていれば十分です(建物や木の陰に入るなど)。

しっかりと観察するには、安定した床の上に設置し、光が直接当たることを避けてください。バルコニーからの場合、街灯よりも高い位置で、少なくとも空の半分を見通せることが必要条件です。屋上、庭、薄暗い都市公園も良好な選択肢です。ただし、誰もが知っていることではありますが、郊外や田舎から観察する方がより良く、さらに多くの天体を観察できるでしょう。信号対雑音比を下げると、より詳細に表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
26人中24人がこの記事が役に立ったと言っています