新しいUNISTELLARアプリのアップデート「バージョン3.2」で、RAWデータを望遠鏡から直接コンピューターにダウンロードできるようになりました!詳しくはこちら(記事)をご覧ください。

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

フォーカス バチノフマスクの使い方は?

フォローする

完全な精度を確保するには、eVscopeを明るい星に向け、バーティノフマスクを使用してピントを調節します。

 mceclip0.pngmceclip1.pngmceclip2.png

バーティノフマスクはカバーに組み込まれています。使用するには、写真のようにカバーからマスクを外してeVscopeに装着します。少し押し込むようにしてください。

マスクを使用してピントを合わせる方法は次のとおりです。

  1. eVscopeを設置して向きを合わせます。
  2. アプリのカタログで、明るい星を選択し(例:ポラリス)、eVscopeにその場所への移動を指示します。
  3. eVscopeが目標に到達するまで待ちます。
  4. マスクを鏡筒の先端に取り付けます。これにより、中央に1本の線と別の2本の線がXを形成する特別なパターンが現れ、接眼レンズまたはスマートフォンで確認できます。
  5. パターンが暗すぎる場合は、ゲインと露出時間を調節して明るくします。
  6. 中央の線がXの中心に来るまでピント合わせ、リングをゆっくりと回します。

これらの3つの画像では、マスクで観察された星を見ることができます。最初の2枚の写真はピントが合っていません。ピント合わせリングをゆっくりと回転させると、最後の画像のように完全な合焦が得られます。

mceclip3.png

mceclip4.png

mceclip5.png

ピントが非常にシャープに合った場合、ズームで拡大すると、Xの中心に明確なドットが表示されます。

mceclip0.png

 

また、このテーマの動画もありますので、こちらをご覧ください。(英語)

この記事は役に立ちましたか?
164人中159人がこの記事が役に立ったと言っています