NEW!Facebook 🌐で成長中のUNISTELLAR Communityグループに参加してください!

新しいUNISTELLARアプリのアップデート「バージョン3.2」で、RAWデータを望遠鏡から直接コンピューターにダウンロードできるようになりました!詳しくはこちら(記事)をご覧ください。

UNISTELLAR
ヘルプセンター

推奨温度範囲

フォローする

eVscopeまたはeQuinoxは、次の温度範囲での使用が推奨されます。

  • 保管:-15°C (5°F) -> +60°C (140°F) (2か月以上保管する場合は、バッテリーを定期的に充電してください)
  • 保管と充電:10°C (50°F) -> +40°C (104°F)
  • 観察と充電:10°C (50°F)-> +40°C (104°F)
  • 観察:0°C (32°F) -> +40°C (104°F)

ミラーが熱バランスに達すると、eVscopeの性能が最適化されます。温度0°C未満の場合は、観察を開始する15分以上前(30分であれば尚良い) にeVscopeの電源を入れて、外気に馴染ませることをお勧めします。

非常に寒い環境でユニステラ天体望遠鏡を使用している場合は、相対的な断熱を提供するためにカバーを被せることをお勧めします.寒さによる主な影響は、バッテリーの消耗が早くなることです。

この記事は役に立ちましたか?
46人中43人がこの記事が役に立ったと言っています