ユニステラ社ヘルプ・お問い合わせ

月および太陽系の惑星を最適に観測できる方法

フォローする

【機能改良のお知らせ】

11月22日(火)をもしまして、天体の観測に用いられる弊社の「エンハンスト・ビジョン」という独自技術をさらに改良し、より詳細に木星や土星の観測ができるようになりました。

数秒で、木星の大赤斑や縞模様が見えるようになります。火星の観測にもお使いいただけます。詳しくは、こちらのリンクからご覧ください。

 eVscope 2は、高解像度であるため、eVscope 1 や eQuinoxに比べて、惑星観測により適した機種となっています。

月や惑星を見るときに、ライブビューでの観測と、エンハンスト・ビジョンでの観測は、どちらが適していますか?

eVscope 2 或いは eQuinoxをセットアップして、オリエンテーション(eVscopeの向きのボタン)を実行し、追跡機能がオンになったあと、希望の天体を選んで「移動する」のボタンをタップすると、望遠鏡が自動的に目的の天体に向いてくれます。

  • 月・ライブビュー

 

惑星

衛星

ゲイン(dB)

露光時間 (ms)

ゲイン (dB)

露光時間 (ms)

0

5-20

n/a

n/a

  • 木星、火星、土星、金星:エンハンスト・ビジョンが使えます。(金星にも使用できますが、まだ実際に観測テストは行われておりません。2023年の春にテストが行われる予定です)。

  • 天王星、海王星、水星については、エンハンスト・ビジョンをお使いいただいても、これらの惑星は、距離が遠く光が弱いため、解像度は以前のものと変わりません。将来的には、これらの惑星も観測できるように、改良していく予定です。その際には、お知らせいたします。

天体カタログの中で月を選んで「移動する」

月は、地球に近い衛星であるため明るすぎて、月へ「移動する」のボタンをタップしても、eVscope 2とeQuinoxの視野の中心にぴったり入るとは限りません。

視野の中心にぴったり入らなかった場合は、以下の手順を実行してください。

  • 月へ「移動する」のボタンをタップしたあと、アプリのライブビューの画面に切り替わって、下部にございます「編集する」のボタンをタップし、ゲインおよび露光時間が自動モードになっていないことをご確認ください。自動モードが選択されている場合は、ボタンをタップして無効にしてください。

ご注意: 月の満ち欠けによって、写される映像は明るすぎる場合はございます。

  • ゲイン(dB) のボタンを右へ長押しし、少しずつ下げて、ライブビューに映っている月の光が消えていく方向をご確認ください。
  • ライブビュー画面がほぼ暗い状態になったら、「戻る」のボタンをタップし、「移動する」のボタンをタップしてください。続いて、ジョイスティックを使用し、画面の明るい方向に鏡筒を動かしてください。

月が視野の中心に入るように上記の手順を繰り返してください。

eVscope 2で撮影された画像を以下の通りご紹介いたします 。

moon.png

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント