ODYSSEY望遠鏡用Smart Solar Filterの予約受付を開始しました!(アメリカとEUのみ)

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

ムーンモード: 月を観測するには?

フォローする

 

アプリのアップデート3.0以降、私たちは月のための新しい観測モード:月のための動的信号増幅を導入しました。この記事では、月を観測する手順を説明します。

 

1 - カタログで月を選ぶ

カタログやホームページのおすすめオブジェクトから月を探すには、検索フィールドに「月」を入力することもできます。

注:月のアイコンは、月が地平線上に昇っている場合のみ表示されます。

 

カタログの月のアイコン、またはホームページのおすすめオブジェクトをタップしてください。

 

この魅力的な天体に関する多くの興味深い事実を学ぶことができます。月の説明ページを上にスワイプすると、詳細が表示されます。

 

2 - ゴー・トゥー・ムーン

Go-toボタンをタップすると、望遠鏡が自動的に月の位置に合わせます。Go-toの間、月に関するインタラクティブな情報がスクリーンに表示されますので、この天体についてより詳しく知ることができます。Go-toが完了すると、アプリに確認メッセージが表示されます。

 

3 - 月観測の開始

ライブビューでは、5フレーム/秒で月を直接見ることができます。 空気の乱れが月のクレーターに与える美しい効果を楽しんだり、ISSのトランジットを捉えたりするのに最適なモードです。

ダイナミックシグナルアンプリフィケーションボタン(以前はエンハンストビジョンと呼ばれていた)をタップすると、望遠鏡は月のコントラストとシャープネスを大幅に改善し、フレームレートは1フレーム/秒になります。

 

これは、Dynamic Signal Amplification(以前はEnhanced Visionと呼ばれていた)を作動させずに、ライブビューで月を撮影したものである。

 

これは、Dynamic Signal Amplification(以前はEnhanced Visionと呼ばれていた)を作動させたライブビューでの月のキャプチャである。

 

この月のEnhanced Vision(Dynamic Signal Amplification)は、銀河や星雲などのディープスカイ天体のEnhanced Vision(Dynamic Signal Amplification)のようには機能しないことに注意することが重要です。スタッキングはなく、画像はディープスカイ天体のように時間とともに改善されませんが、ライブビューでは1フレーム/秒のフレームレートで常に改善された画像を見ることができます。

重要:月のDynamic Signal Amplification(以前はEnhanced Visionと呼ばれていた)は、Go-toオプションを使用して月をターゲットにした場合にのみ有効です。手動で月をターゲットにした場合は使用できません。

注:EVSCOPEまたはEQUINOX望遠鏡で観測する場合、上のキャプチャのように、細部が見えるまで望遠鏡後部のフォーカスホイールを手動で調整する必要があるかもしれません。

ODYSSEYおよびODYSSEY PRO望遠鏡は、「mutli-depth Technology」によって、月やその他の惑星天体の観測でより良い結果を得ることができます。

この記事は役に立ちましたか?
10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています