NEW!Facebook 🌐で成長中のUNISTELLAR Communityグループに参加してください!

新しいUNISTELLARアプリのアップデート「バージョン3.2」で、RAWデータを望遠鏡から直接コンピューターにダウンロードできるようになりました!詳しくはこちら(記事)をご覧ください。

UNISTELLAR
ヘルプセンター

Cosmic Card Collection - 観測した天体のカタログ画像を変更するには?

フォローする

アップデート3.3から、アプリのLabセクションに新機能を導入しました。この機能により、カタログ内のオブジェクトのデフォルト画像を、これらのオブジェクトの独自の写真で変更することができます!

 

1 - 実験エリア / 実験室タブにアクセスする。

この実験的な機能は、アプリの新しい実験エリア/研究室タブで見つけることができます。実験エリア/実験室は設定メニューにあります。

設定メニューは、ホームページ、カタログ、サイエンス、ギャラリーのどのメインページからもアクセスできます。設定メニューにアクセスするには、設定ボタン(右上隅)をタップしてください。

 

2 - ラボタブでコズミックカードコレクションを起動する。

ラボタブで "カタログに写真カバーを追加 "を有効にする。

 

3 - カタログに表示されるデフォルトのアイコンを自分の写真で置き換えるために、キャプチャーの収集を開始する。

この機能を有効にすると、カタログから対象物を観察して写真を撮った場合、デフォルトの画像は、その対象物の最後に保存した写真に自動的に置き換えられます。

 

4 - あなたのギャラリーからお気に入りのオブジェクトの画像をCosmic Cardとしてカタログにピン留めしてください。

また、あなたのギャラリーからお気に入りのオブジェクトの画像を選んで、そのオブジェクトのCosmic Cardとしてカタログに掲載することもできます。

アプリのギャラリーにアクセスして、カタログのCosmic Card Collectionに使いたい画像を選択するだけです。

一度選択したら、カードボタンをタップするだけでその画像を使用することができます。この方法で画像がカードとして使用されると、そのオブジェクトを再度キャプチャしても置き換えられません。将来そのオブジェクトをキャプチャした際に置き換える場合は、カードボタンを無効にするか、ギャラリーで使用したい同じオブジェクトの別の画像を選択し、カードボタンを有効にしてください。

注:ゴー・トゥーで観測された天体の画像のみ選択できますので、手動でターゲットを絞ったり、天体のRA/DEC座標を使って撮影した場合は、Cosmic Cardとして選択することはできません。

重要:この時点で、画像を削除したり移動したりすると、デフォルトの画像が戻ってくるので、再度キャプチャする必要があります。また、この機能はデバイスに依存するため、別のデバイスを使用する場合は、最初からやり直す必要があります。しかし、ラボ・タブの他の機能と同様、ユーザーのフィードバックに基づき、時間をかけて改善される予定です!

この記事は役に立ちましたか?
16人中16人がこの記事が役に立ったと言っています