ユニステラ社ヘルプ・お問い合わせ

ディローテーション、天頂角、エポックについて

フォローする

回転補正は当社のソフトウェアの不可欠な部分であり、対象天体の長時間露光を可能にします(当社の製品には機械的な回転補正は組み込まれていません)。

基準座標系はJ2000を採用してソフトウェアが演算を行います。

最大角度は85°ですが、80°未満にすることをお勧めします。天頂付近は観察しないでください。最低高度は20°になります。方位角は非常に速く動く可能性があり、かなりの回転を必要とします。これに加えて、天頂に近づくほど、望遠鏡を回転させるために利用できるテコの効果が小さくなります。地平線に近くなると、鏡筒はほぼ水平になり、鏡筒の全長がテコの効果を生みます。天頂付近では、鏡筒がほぼ垂直になるため、鏡筒の直径だけがテコとして作用し、その長さはとても短いので、大きな労力が必要になり、微調整する能力が低下します。

この記事は役に立ちましたか?
29人中27人がこの記事が役に立ったと言っています