ODYSSEY望遠鏡用Smart Solar Filterの予約受付を開始しました!(アメリカとEUのみ)

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

標準的な望遠鏡の100倍の性能?そうなんですか?

フォローする

この質問は大変よく尋ねられるものですので、お客様がこの大胆な発言につながる計算に興味をお持ちになることを想定し、ここにご紹介します。

この話題は、ある星の観察会でeVscopeの概念実証デモを初めて行ったときにさかのぼります。そこでは、自分の望遠鏡を持参したアマチュア天文学者が「eVscopeシステムを使用すると、1m望遠鏡と同じか、場合によってはそれよりも優れたディープスカイ天体の観察ができる」と語っていたのです。これは、当社の114 mm天体望遠鏡を比較の対象とした場合、eVscopeが少なくとも100倍以上の光を収集する天体望遠鏡と同等にパワフルであることを意味します。

そして私たちは、この感覚を裏付けるために独自の計算を行いました。eVscopeでサンフランシスコから見える天体の限界等級は18.2等です。これは、eVscopeの概念実証(試作前) を使用した観察を通じて、ダウンタウンから直接測定されました。したがって、これは控えめな見積もりです。

サンフランシスコでは、2等級未満(視等級限界) の星を天頂に見ることができます。次に、私たちはScopecityの計算機を使用しました。これは、観測者がさまざまなタイプとサイズの天体望遠鏡を使用して、さまざまな条件下で見ることができる恒星の等級限界を計算するBradley Schaeferプログラムに基づいています。これは、1989年11月の『Sky & Telescope』誌522ページで詳細に議論されており、現在はアマチュア天文学者によって精査されたオンラインツールです(当然ながら、天体望遠鏡による等級限界の計算については長い議論がありますhttps://www.cloudynights.com/topic/402886-magnitude-visible-by-telescope/)。

分解能が150で、次のパラメータ(年齢35、消光係数0.4、シーイング3秒角(都市で得られる値) を有する同じサイズの天体望遠鏡(4.5インチの反射望遠鏡) の等級限界を計算しました。

これによると、標準的な天体望遠鏡の理論上の限界等級は10.94となり、eVscopeでは等級が4.86増加しました。これも控えめな見積もりであることに注意してください。ここでは、測定された等級(eVscopeの場合) と理論上の等級(Scopecityツール) を比較しています。通常、理論は測定よりも楽観的です。

私たちはこの等級の違いをフラックス比で変換し、観察体験の大きさを正確に表したのです。そうして得られた結果は87.9でした。この計算全体は、控えめな見積もりと、最終製品よりも効率の低い概念実証に依存しているため、出荷されるeVscopeは通常の天体望遠鏡よりも100倍パワフルである、という主張を私たちは冷静に判断しました。

科学は本質的に議論の余地があり、私たちの見積もりも明らかにその範疇にあります。しかし、「eVscopeが標準的な天体望遠鏡よりも100倍パワフルである」と私たちが述べるとき、それは文字通りのことを意味しているのです。

この記事は役に立ちましたか?
103人中90人がこの記事が役に立ったと言っています