ODYSSEY望遠鏡用Smart Solar Filterの予約受付を開始しました!(アメリカとEUのみ)

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

Wi-Fiの切断が発生した場合はどうすればよいですか?

フォローする

ほとんどの場合、Wi-Fi接続は外部条件に依存することに注意してください。あなたとeVscopeの間に壁/窓があり、その他にも接続中のデバイスがあなたの近くで稼動していると、Wi-Fi接続が失われます。また、周囲にWi-Fi接続が多すぎると、確実に観察への影響が生じます。ユニステラ(あなたの望遠鏡) は ご利用の環境を制御できません。

ただし、接続していない場合は、次の手順の一つ以上をあらかじめ確認しておくことで対処が可能です。

  1. LEDが赤色(望遠鏡が機能し、使用する準備ができていることを示すサイン) になっている必要があります
  2. 最新のアプリアップデートを使用していることを確認する
  3. デバイスのオートロックを無効にする(または最低2分に変更する)
  4. 安全でないネットワーク接続を受け入れる
  5. eVscopeとスマートフォン/タブレットの間に通信エラーが発生する可能性や、オペレータがウォッチャーになる場合があります。これについてはユーザータブで確認できます(オペレータモードのみがユニットを制御できます)
  6. 望遠鏡の近くにとどまります(10m/30f未満)。ユーザーとeVscopeの間の距離、ユーザーとeVscopeの間の壁または窓の厚さが影響します。
  7. タブレットまたはスマートフォンのメニュー設定の下で、「ローカルネットワーク」を確認します。このオプションがオンで、プライバシーがオフになっている必要があります。
  8. ホームネットワークとの干渉を避けるため、OSの好みに合わせて、ホームネットワークを「無視する」またはオフにします。次に、Wi-Fiを別の好ましいネットワーク(スマートフォンで提供してもよい) に変更します。例えば、VPNがバックグラウンドで実行されていて、アプリがeVscopeのWi-Fiに接続するのを妨げている場合があります。
  9. 干渉の少ない庭や野原の真ん中で接続する
  10. Wi-Fiチャネルが適合しない場合は、ルーター/デバイスのWi-Fi接続を再起動すると問題が解決する場合があります。
  11. アプリを終了して他のこと(テキストメッセージ、通話、ソーシャルメディアのチェックなど)を並行して行うことを避ける
  12. アプリをアンインストールして再インストールする
  13. 望遠鏡を再起動する(オフにしてからオンにする)

ヒント:最初にWi-Fiが表示されず、接続できない場合は、次のことを行う必要があります。
ステップ1: 天体望遠鏡をオンにする
ステップ2: 電話機のWi-Fiを天体望遠鏡に変更する。
ステップ3: アプリを開く。

これらすべての操作の後で、LEDが紫または白になる場合は、当社までお問い合わせください。プロセスをスピードアップするため、技術的なリクエストを希望される際は 望遠鏡のシリアル番号

この記事は役に立ちましたか?
16人中10人がこの記事が役に立ったと言っています