ODYSSEY望遠鏡用Smart Solar Filterの予約受付を開始しました!(アメリカとEUのみ)

アプリバージョン3.0.1の変更履歴をご覧ください!

UNISTELLAR
ヘルプセンター

画像保存エラーやeVscope Wi-Fiに接続できない場合 iOSをお使いの方

フォローする

アプリを初めて起動するときは、デバイス(タブレットやスマートフォン) の位置情報や写真へのアクセスをアプリに許可するように求められます。

天体望遠鏡のWi-Fiに接続しているときにこれを行うと、アプリがローカルネットワーク上のデバイスに接続できるようにする別のプロンプトも表示されます。接続先がeVscopeであるため、ローカルネットワークはeVscopeネットワークとなり、「許可しない」を選択すると、後で接続できなくなります。

プロンプトが発生する順序(天体望遠鏡への接続中)

  1. 位置情報> アプリ使用中に許可する。
  2. ユニステラがローカルネットワーク上のデバイスの検索と接続を希望する> OK
  3. 科学プッシュ通知> OKして許可(プロンプトが2回表示される場合あり)
  4. ユニステラがあなたの写真へのアクセスを希望する> すべての写真へのアクセスを許可

天体望遠鏡に接続されていない場合、2つ目のプロンプトは表示されません。

写真に関する最後のプロンプトは、画像ギャラリーに初めてアクセスを試みたときにのみ表示されることがありますので、画面の下部にある最後(一番右) のアイコンをタップして、初めの時点で有効にすることをお勧めします。

first-app.jpg

誤って別の設定を選択した場合は、デバイスの設定に移動し、アプリのリストまでスクロールしてUnistellarアプリをタップし、以下に示すように目的のオプションを変更することで修正できます。

iphone-settings.png   unistellar-app-settings.gif   unistellar-settings.gif

この記事は役に立ちましたか?
51人中30人がこの記事が役に立ったと言っています